CT画像診断|神戸市灘区六甲駅すぐ ねもとクリニック|頭部 胸部 腹部 AI診断

阪急神戸線「六甲」駅より 徒歩3分 TEL:078-414-7817

CT画像診断

CT検査について

CT(コンピュータ断層撮影)は、X線を使って身体の内部の断層写真を撮影する検査法です。頭部や胸部、腹部を対象として、360度の輪切り像を作成することにより、小さな病変の形状なども把握することが出来ます。

腹部CTでは、腹腔内の炎症(急性膵炎、虫垂炎、腹膜炎)消化器癌各種、リンパ節腫瘍、消化管穿孔、腹水、脂肪肝、胆石、尿管結石、大動脈瘤などを見つけることが出来ます。

また、肺がんをはじめとする肺、気管支の疾患を把握する際には、胸部X線検査では限界もありますので、胸部CT検査がよく用いられます。

CTによって早期発見・早期治療を

当クリニックでは、CTによる画像診断を行い、病気の早期発見・早期治療を行っています。放射線科の専門医と連携してCT画像を遠隔読影することも出来ますので、患者さまに対し、診断結果を迅速にご説明いたします。

また、肺がんの微小病変の発見にも力を入れております。解像度に優れ、死角も少なく、数ミリの病変まで見つけることが出来る胸部CTを用い、早期肺がんの発見に努めているのです。もちろん胸部CTは、その他の肺疾患にも役立てられます。

なお、当クリニックで行われる胸部CTは、AIシステムを導入しております。医師のチェックに加え、胸部CT画像をAIソフトウェアで解析し、肺の状態を細かく分析することにより、症状などの見落としを防ぎ、疾患の正確な把握を目指しているのです。詳しい内容は、当クリニックまでお気軽にご相談ください。

このような方は胸部CT検査を
  • 喫煙歴がある(現在は禁煙していても、これまでに喫煙したことのある方は定期検査が求められます)
  • 咳や痰が長く続く
  • 血痰が出る
  • 軽い運動でも息切れがする
  • 胸が痛む
  • 血縁者に肺がんの既往がある
  • 胸部X線検査で「要精密検査」と判定された など